肩ごしの雨中図

育毛食

育毛をしてくのに、唐辛子のカプサイシンは、胃の知覚神経を刺激することで、自律神経が、活性化することで、アドレナリンとアセチルコリンが放出され、全身の知覚神経を刺激するのです。その結果、毛乳頭細胞に作用して、髪の成長を促し、育毛を促進するのです。

カプサイシンは、育毛を促進することがわかりましたが、そのカプサインの作用を効率よくする食品があります。それは、イソフラボンです。どちらもメジャーで、摂取しやしですよね。同時に食べるのがいいようです。

どれぐらいとるといいかなんですが、唐辛子は2グラム、イソフラボンは、豆腐なら200グラムとると、育毛効果があるようです。

しかも、取り続けることで、高血圧の予防、生活習慣病の改善の効果もあるのです。そのほか、海馬にも作用されるので、記憶力や、鬱にも改善効果があるようです。

一日、豆腐1/4丁いりの味噌汁に、ティースプーン1杯の一味唐辛子を朝晩飲むといいようです。これなら続けられそうですね。皆さんもやってみませんか?

そのた、薄毛、育毛に関する情報はこちらを参考にしてください。

Scroll To Top